生産工程

step
1
営業・打合せ

お客さまと製品や工程について綿密な打合せをします。金型づくりのスタートです。

step
2
流動解析

MoldFlowを設備し、冷却・充填・保圧・反りの解析を行います。
あらゆる樹脂に対応しており、様々な成形懸念に対する、解析・検証・提案を行います。

step
3
設計

CAD/CAMを駆使して金型のカタチを作りこんでいきます。CAMは工作機械に加工データを直接インプットします。  

step
4
材料取り

必要なパーツを取り分けて加工します。後のすべての工程のベースとなる重要な作業です。

step
5
ワイヤー・放電・NC

「切る、削る、彫る」。
それぞれのパーツに必要な加工が施されます。  

step
6
研磨

ミクロンの世界を研ぎだす技術が要求されます。

step
7
加工中の測定

加工の途中で寸法測定がなされ、正確な加工がなされているか何度もチェックされます。

step
8
仕上げ研磨

顕微鏡をつかっての非常に細かい研磨作業です。

step
9
組立

ばらばらに加工されていたパーツをくみ上げて一組の金型を完成させます。

step
10
テストショット

工場内の成形機を使ってテストショットを行います。

step
11
測定

最新の機器で測定し、所定の寸法をクリアしているか精密に検査します。

step
12
出荷

すべてのチェック項目をクリアして出荷される金型。新製品の生産に活躍することでしょう。

© 2022 プラスチック精密金型の長津製作所